遺跡・古墳をめぐる旅

日本中にある、遺跡や古墳などをめぐって地図上で旅をしていきます。

秋葉原 発掘調査

「アキバ電気街やメイド喫茶で有名な秋葉原に遺跡が見つかった!」と聞くと、意外に感じる方も多いかもしれません。実はJR秋葉原駅前では遺跡の発掘調査が行なわれたことがあるのです。

秋葉原駅前で遺跡調査がスタートしたのは2001年6月のことでした。駅前の再開発事業のため、敷地内の遺跡調査を行なう必要があったためです。現場は旧・神田青果市場があった場所で、市場移転に伴って駅前広場と駐車場になっていました。

その後、秋葉原の駅前再開発事業が計画され、旧・青果市場跡は商業ビルやオフィスビルの建設が始まることとなります。その事業を進める前に、敷地内の遺跡発掘および調査する必要が出てきたわけです。

都心部しかも駅前での発掘調査には、さまざまな困難がありました。駐車場のコンクリートアスファルトを除去するため、大型重機なども活用して大掛かりな工事が進められました。

関係者の皆さんのご苦労が実り、駐車場の下からは明治~江戸時代の地層が発見できたのです。発見されたのは江戸時代の武家屋敷や茶碗・漆器・桶・下駄・キセルなどの日用品のほか、富士山噴火の火山灰層といった貴重なものです。

秋葉原駅前の遺跡発掘調査は2002年3月に完了し、現在では同敷地に高層マンションや神田消防署の新庁舎、商業ビルが建設されています。