遺跡・古墳をめぐる旅

日本中にある、遺跡や古墳などをめぐって地図上で旅をしていきます。

北九州市八幡西区 松本遺跡

松本遺跡のあった永犬丸地区には貝塚など数々の遺跡があります。 ここに邪馬台国があったのだとおっしゃる方の主張として大きいのは松本遺跡から出た青銅の鋳型が最古のものであるという調査結果や、もうひとつ、井戸としても最古・・・という点ではないでしょうか。

f:id:yamada0807:20170514143916j:plain

 青銅器を作るときに必要な「冷却」をこの井戸の地下水で行われていた、その最初の場所なのではないかということです。 もうこのあたりの発掘はほぼやっていないようなのですが、この地区には他にも弥生時代の住居跡や石柩群、古墳時代の土器の窯址や精錬炉なども発見されているようで、古くからあった生活に思いを馳せ、さらにそのあとの時代の遺跡などに目を移すと、脈々と続いていくその地域の人々の息遣いや信仰などが見えてくるような気がします。