遺跡・古墳をめぐる旅

日本中にある、遺跡や古墳などをめぐって地図上で旅をしていきます。

埼玉県行田市 南河原石塔婆

埼玉県の東北エリアで群馬県にもほど近い行田市真言宗観福寺境内にあるのが「南河原石塔婆」。

f:id:yamada0807:20170514145147j:plain

この「南河原石塔婆」は鎌倉時代中期の代表的な板碑で、 江戸時代の書物『新編武蔵風土記稿』にも記載がある 歴史あるものです。

石塔婆には文応2年の銘とともに阿弥陀如来を意味する 梵字阿弥陀三尊の図像も刻まれています。

これまでの研究では源平争乱の際に摂津国で討ち死にした 河原太郎・次郎の供養碑であるとも伝えられていますが、 実際のところ真偽は不明のようです。

謎が残る碑だけにさらなる研究を待ちたいですね。
大きな地図で見る