遺跡・古墳をめぐる旅

日本中にある、遺跡や古墳などをめぐって地図上で旅をしていきます。

東京都大田区 亀甲山古墳跡

大田区田園調布の多摩川台公園南東エリアにあるのが 4世紀から5世紀の前方後円墳である「亀甲山古墳」跡です。

f:id:yamada0807:20170514145952j:plain

「亀甲山古墳」は全長が約107メートル、長さ48メートル、 荏原台古墳群のなかでは最大規模の古墳となっています。

東京の田園調布といえば現代では高級住宅街の代名詞ですが、 6世紀頃までに10数基もの古墳が作られた地帯でした。

この「亀甲山古墳」も当時の首長(リーダー)の墳墓と 考えられているようです。 高級住宅街に残る古墳跡というのはロマンを感じますね。


大きな地図で見る