遺跡・古墳をめぐる旅

日本中にある、遺跡や古墳などをめぐって地図上で旅をしていきます。

大阪府大阪市 帝塚山古墳跡

大阪市住吉区にある帝塚山という地名の元となったのが、 このエリアにある「帝塚山古墳」です。

f:id:yamada0807:20170514150232j:plain

帝塚山古墳」は4世紀末から5世紀初頭に造られた古墳で、 被葬者は大伴金村父子であるという説があります。

大伴氏は土地の豪族で、継体天皇安閑天皇などに仕えました。 晩年は摂津国住吉郡に住んだと伝えられ、ここで亡くなったため 「帝塚山古墳」に葬られたと考えられているようですね。

明治時代までは金村父子のふたつの古墳が存在していましたが、 現在では片方は住吉中学校の敷地となり残っていません。
大きな地図で見る