遺跡・古墳をめぐる旅

日本中にある、遺跡や古墳などをめぐって地図上で旅をしていきます。

京都府向日市 長岡宮跡

「長岡宮跡」は京都府向日市から長岡京市などのエリアに 存在した当時の日本の首都の宮殿跡地です。

f:id:yamada0807:20170514151938j:plain

784年(延歴3)からわずか10年間と短い期間ではあるものの、 この地には桓武天皇の命による都が造られていました。

この「長岡宮跡」は永らく『幻の都』とされていたものでしたが、 1955年(昭和30)に朝堂院門跡が発掘されたのを皮切りに 次々と新しい発見があったことから国の史跡指定を受けました。

のどかな風景のなかを歩いていくと『史跡長岡宮跡』の碑があり、 当時の面影を偲ぶことができます。

大きな地図で見る