遺跡・古墳をめぐる旅

日本中にある、遺跡や古墳などをめぐって地図上で旅をしていきます。

神奈川県平塚市 塚越古墳

平塚市の北金目台地の東エリアにあるのが、 全長45メートルの前方後円墳である「塚越古墳」です。

f:id:yamada0807:20170514154606j:plain

「塚越古墳」は出土した管玉や長大な舟形木棺などから、 6世紀に造られたものではないかと考えられています。

ただし、1959年(昭和34)の発掘調査では管玉以外にも 人骨や鉄製品などが出土しましたが、平成に入ってからの調査では 4世紀後半の土師器などが出土したことから年代に関する研究が続いています。

古墳の被葬者はこの地域の金目川水系を仕切っていた豪族の長と考えられ 研究が進めば当時の平塚エリアの状況がさらに判明するものと期待されています。


大きな地図で見る